日経平均株価とTOPIX

日本の株式市場の状況を示す指数として、代表的なものに「日経平均株価」と「TOPIX」というものがあります
ニュースなどで誰しも一度は耳にしたことがあるかと思います
とても難しい用語のようですが、実はとても簡単です
日経平均株価とTOPIXは、相場全体の流れを読み取る指数というように捉えておいでください
難しく考える必用は全くありません
これらの数字が上がれは相場の調子が良い、数字が下がれば相場の調子が悪い、というただそれだけのことだと思えば、決して難しいものではありません
日経平均株価とTOPIXは、数字の意味が少しだけ異なります
日経平均株価とは日本経済新聞社が算出している日本でもっとも有名な株式指数のひとつです
東京証券取引所の第一部に上場している銘柄の中から、225の銘柄を選び、それらの株価から計算されます
平均株価といっても単純に株価を平均したものではなく、ダウ平均株価と同じ、株価平均型方式によって算出されます
計算に使われる銘柄は毎年必要に応じて変更されます
そのため、銘柄の入れ換えがあったときは、日経平均株価の値が不連続になることがあり、単純に過去の日経平均株価と現在の日経平均株価を比べることはできないとされています
TOPIXとは、東証株価指数の別名で、東京証券取引所が計算および公表を行っています
計算の元になる銘柄は、東京証券取引所の第一部に上場している全銘柄で、それらの銘柄の時価総額を基準日(1968年1月4日)と比較したものを指数化したものです
基準日のTOPIXは100となります
元となる数値が時価総額の合計なので、TOPIXは市場全体の資産価値の増減を指数化したものと言っても良いでしょう
日経平均株価が225銘柄を元にして算出されているのに対し、TOPIXは市場全体の影響が入っています
また、日経平均株価やTOPIX以外にも、新興市場であるジャスダックの平均株価を出したジャスダック平均もあり、こちらは新興市場の行方を占う上で重要な指数であるといえるでしょう