ミニ株とは

普通、証券会社で売買ができる株式は、まとまった単位でしかできないようになっています
100株単位、1000株単位などというように売買できる単位が決まっており、これが単位株と呼ばれる理由です
どの銘柄が何株単位での売買なのかはそれぞれ異なるので、日経新聞の株価欄や会社四季報などで確認することができます
しかし、ミニ株は通常の株式の10分の1で売買できる株式投資です
正式には株式ミニ投資と呼ばれるもので、簡単に言えば売買単位が1000株の銘柄の場合、ミニ株ではその10分の1の100株から 売買することができます
ミニ株のメリットは、本来ならば多額の資金が必要な通常の株式投資を、手軽な資金で行えるという点です
株式投資の初心者にとっては、良い投資方法であるといえます
また、少ない手持ちの資金を着実に増やしたいという人にもおすすめの投資法です
また、購入形態のひとつに、毎月一定額で株を購入していくことができる「積立」がありますが、このミニ株は毎月の積立金額が少なくて済むので、お小遣いを貯める感覚で始めることができます
しかし、ミニ株にもデメリットはあります
ミニ株はオフィシャルな制度ではなく、証券会社が独自に開発、提供しているサービスのひとつなので、ミニ株ができる証券会社とできない証券会社が存在するということを覚えておきましょう
そして、注意すべき点は、注文が成り行きのみであることと、時間帯によっては当日に約定できないということです
ミニ株は翌日の寄り付きの値段で取引されるので、指値での注文はできません
そのため、希望価格と離れた価格で約定してしまう可能性があります
また、株主権に一部制限があるという点も覚えておかなければなりません
配当金や株式分割の割当を受け取ることはできますが、株主として議決権は与えられていません
これは議決権が1単位ごとに与えられているためです
株主優待も受け取ることはできません
このように、デメリットもありますが、少額投資でリスクが少ないのですから、いろいろな銘柄のミニ株を少しずつ買い進めていき、いずれ単位株に!という考え方の長期投資には向いていると言えるでしょう