株にかかる税金

株式の売買益(キャピタルゲイン)には税金がかかるということをご存じでしょうか
株式投資においても例外ではなく、株式投資によって相応の利益が出れば、税金を支払う義務があります
税金の種類にはいろいろありますが、株式投資による所得は譲渡所得と呼ばれるものです
譲渡所得は給与所得などと別の所得として扱われ、現在の税制ではそれぞれの所得を別々に確定申告する必要があります
ただし、年収2000万円以下のサラリーマンは給与所得と退職所得以外の所得の合計が20万円を超えない場合は確定申告を行う必要はありません
つまり、株の利益が20万円を超えなければ、申告の必要はないということです
ちなみに、2013年12月31日までは売却益にかかる税金が10%ですみますが、2014年1月1日からは20%に増えるので注意してください
売却益だけでなく、配当金にも税金がかかります
これも上記と同じく2012年12月31日までは10%ですが、それ以降は20%になります
税金を払うというと、とても面倒なイメージですが、実は簡単なことなのです
税金関係(株の売買益)は証券会社が代行してくれるのです
(特定口座、源泉徴収ありを選択した場合) ただ、代行してもらうためには少々手続きが必要になります
それは、証券会社に口座を作る際に、特定口座を選択するということです
さらに、源泉徴収あり(天引きして納税)を選べば、これで万全です
本来ならば、3月に確定申告を行わなければなりませんが、特定口座の源泉徴収ありを選択することによって、自動的に納税が行われるため、面倒な手間は一切ありません
もし源泉徴収なしを選んだ場合は、証券会社から送られてくる年間の取引報告書を使って、自分で税務署に行って確定申告をすることになります
しかし、最初に述べたようにサラリーマンの人は給料以外の所得が20万円未満の場合は非課税なので、株売買益(譲渡所得という)が20万円以上利益確定をしない見込みの人は、売買益に税金がかかりません
そのため、この場合は源泉徴収なしを選んだほうが賢いことになります
売買益が20万円を超えるか超えないかで、源泉徴収ありかなしかを選択するようにすると良いでしょう