株をはじめる前に

株をはじめる前に、まず絶対に知っておかなければならない基本的なことがいくつかあります
株を買う前に、まずそれを確認しておきましょう
株だけに限らず、投資を始める前に覚えておかなければならないのは、まず全ての投資は自己責任であるということです
新聞に「株の上昇が期待できる」と書いてあったから買ったのに下がってしまったとか、インターネットの掲示板に「この株は絶対上がる」と書いてあったから買ったのに下がって損をしたとか、よくそのようなことを言う人がいますが、決して損をしたからといって他人のせいにしてはいけません
すぐに情報は信用せず、まずは疑ってかかるくらいがちょうど良いでしょう
特にインターネットの掲示板では「買いあおり」や「売りあおり」と言われる書き込みが多くあり、有益な情報も多い代わりに、嘘や大げさな表現が多い場所でもあります
株式投資は自分の大切なお金を自分の意思をもって運用する手段です
他人に判断を委ねたり、世間の情報を鵜呑みにしたりしてはいけません
きちんと自分で判断をし、自分の意思で投資していることを忘れてはいけません
ですから、必ず余裕資金を使って株式投資をするようにしましょう
生活資金を使ってしまうと、それがなくなっては困るという考えになってしまうので、落ち着いた正常な判断ができなくなってしまいます
それに、「この時までに、これだけの金額に増やさなければならない」などと決まっていると、どうしても無理な投資方法を選びがちになってしまいます
それはとても危険なことなので、あくまで余裕資金で行うようにしてください
ましてや借金をして株式投資をするなどということは論外です
無理が生じる投資は失敗する原因になるので、絶対にやめましょう
そして、頭に置いておかなければならないことは、株式投資には銀行の預金や郵便貯金などと違って元本の保証はないということです
どの銘柄をどれくらい買うのかは個人の自由ですが、株による損失は誰も補償はしてくれません
このようなことを、株をはじめるまえにしっかりと心に留めておき、自分の意志と判断で株式投資を行ってください