株式市場とは

株式の売買をする場所のことを、一般的に株式市場と呼んでいます
株式には株式市場で流通するものとしないものとがあります
株式市場で流通しない株式は、私たち一般投資家は購入することができませんが、株式市場で流通する株式は、株式市場を通じて一般投資家も購入することができます
株式市場で株式が流通している企業のことを上場企業と呼びます
ですが、その株式市場にも種類があることをご存じでしょうか
株式投資には欠かすことのできない株式市場について触れておきましょう
株式市場は「発行市場」と「流通市場」のふたつに分かれています
発行市場(Primary Market:一次市場)では、企業が新たに資金を調達するための有価証券(株式や債券など)を発行し、投資家がそれを購入することによって企業に対し資金を提供しています
流通市場(Secondary Market:二次市場)とは、既に発行されている有価証券の取引を、投資家と投資家の間で行う市場のことをいいます
発行市場には具体的な市場がなく、抽象的であるのに対し、流通市場は証券取引所などの具体的な市場が存在する場合が多いです
流通市場では投資家に対する流動性の保証や企業価値の表示、発行市場では企業の資金調達というように、ふたつの市場が存在することで3つの重要な機能を果たしています
日本にはさまざまな市場が存在しており、東京証券取引所(東証)、大阪証券取引所(大証)、名古屋証券取引所(名証)を3大取引所と呼びます
この他にも地方取引所の札幌・福岡証券取引所、新興取引所であるジャスダック証券取引所、マザーズ、ヘラクレス、セントレックスなどがあります
さらに、各3大取引所には一部と二部があり、一部に上場する基準は二部の上場基準をさらに厳しくしたものになっています
反対にジャスダック証券取引所や東証マザーズなどの新興市場の上場基準は比較的緩めです
しかし、業績が安定していない企業も上場している場合があります
株式市場の取引時間は、前場の時間帯(9時から11時まで)と後場の開始時間(12時30分から)に相違はありませんが、後場の終了時刻に関しては、各証券取引所により少し異なります
東京証券取引所は15時までとなっていますが、大阪証券取引所やジャスダック証券取引所は15時10分まで、名古屋、福岡、札幌証券取引所は15時30分まで取引を行うことができます
日本で最も有名な流通市場は東京証券取引所ですが、東証に株式を上場させるためには時価総額や純資産、利益などに関する厳しい審査基準が設けられています
そのため、東京証券取引所1部に上場している企業というのは、業績も比較的安定していると判断して良いでしょう
逆に新興市場の東証マザーズやジャスダックは将来の成長性を評価している分、上場基準が比較的甘いので、それほど実績のない企業でも上場できるため、業績が安定していない企業もあるということを念頭に置いておきましょう
このような市場の特性もしっかりと捉えた上で、投資する銘柄を決めることが大切です