株式投資のはじめ方

株式投資はどのように始めればよいのでしょうか
株式投資を始めるにはいくつかのステップを経なければなりません
そのステップごとに具体的に紹介していきます
まず最初のステップは、証券会社の決定です
株式投資を始めるには、まず証券会社に口座を開かなければなりません
自分にあった証券会社を探して、取引する証券会社を決定します
証券会社が決まれば、資料請求をし、口座開設の手続きからスタートです
一部の大手証券会社を覗き、ネット証券などは口座開設や維持に手数料等がかかることはありません
気軽に申し込みましょう
その後、口座開設の手続きを行います
ひと昔前までは、インターネットなどがまだ普及しておらず、取引はすべて営業マンを通じての対面取引でした
今もまだ全取引のうちの約50%は対面取引(オフライン)です
しかし、今はインターネットという便利なものがあるので、オンライン取引がおすすめです
オンライン取引のメリットは、手数料が安いことです
少額の注文でも気兼ねなくでき、夜でも朝でも注文ができるのが便利です
リアルタイムで資金の増減を見ることができ、マイペースで投資できる点も大きなメリットのひとつです
オンライン証券もいろいろなタイプがあるので、資料を取り寄せて検討し、自分の投資スタイルにあった証券会社を選びましょう
では、ここからはネット証券で取引をすることを前提に説明していきます
まず必要なものはパソコン、通信回線、証券口座、日本経済新聞、会社四季報・情報、チャートソフトなどです
証券会社はできれば複数(2~3社)に口座を開いておくことをおすすめします
なぜなら、システムダウンなどが稀にあり、売買できないことがあるからです
また、複数に口座を開設しておけば、各々の会社が提供するサービスを無料で利用できるというメリットもあります
ここまで準備ができれば、いよいよ株を買います
最初はどんな会社を買えば良いのか悩むことと思います
まず仕手株や財務内容が極端に悪い銘柄は避けましょう
最初のうちは慎重にしすぎるくらいでちょうど良いです
また、ジャスダックやヘラクレスなどの新興市場銘柄も最初のうちは避けたほうが賢明です
流動性が低く、値動きも荒い銘柄が多いので、初心者には向いていません
最初のうちは、東証1部の倒産リスクの低い、値動きの緩い銘柄で経験を積んでいくことがおすすめです
まずは1000株買ってみましょう
そうすれば、自然と新聞の経済欄や政治・国際情勢などにも目が向くようになり、経済の動きにも敏感になってきます
地道に日々勉強していくことが株式投資で成功するには何よりも大切です
シミュレーション売買をするよりは、まず経験を積むことが一番の上達の秘訣です
実際に自分の資金がリスクにさらされることで、心理状態が全然違ってくるからです
株式投資はある意味自分の恐怖心と欲との戦いです
100回のシミュレーションより1回の投資で学ぶことのほうがはるかに大きいのです