買い注文の出し方

証券会社に口座を開き、口座にお金を振り込むと、いよいよ株を買える状態になります
まず、どの株(銘柄)を、どれだけ(株数)、どんな注文方法で(成り行き注文、指値注文)、いつまでに(注文の有効期間)買うかを決めます
買いたい銘柄が決まったら、欲しい株数を注文に出します
例えば、理論上100万円持っていれば、株価1000円の株を1000株買うことができます
10万円持っていれば、株価1000円の株を100株買うことができます
しかし、ここで忘れてはいけない大切なことがあります
それは「単位株制度」というものです
これは、銘柄によって株を買える単位がまちまちということです
単元株制度のもとでは、会社は定款で一定の株式数を1単元とする旨を定めることができます、ただし、1単元の株式の数は1000株を超えることはできず、また、会社の数種の株式を発行する場合においては、それぞれの株式の種類ごとに単元株数について定めなければなりません
これにより、会社にとって売買単位の引き下げが容易になるとともに、個人投資家は株式投資に参加しやすくなったと言われています
例えば株価が1000円で、単元株が1000株のものを買うとなると、100万円は必要になります
「私は10万円しか持ってないから100株で注文する」ということはできません
では10万円しか持っていない場合は株は買えないのか、というとそうではありません
10万円でも買う方法はあります
それが「ミニ株」という方法です
ミニ株であれば、単元株の10分の1の単位で買うことができます
もし20万円持っているなら、ミニ株を使って200株買うことが可能です
ミニ株は証券会社によっては取り扱っていない場合もあるので、ミニ株を利用したいという人は、まず事前に証券会社に確認しておきましょう
次に、注文方法を決めます
注文方法には「成り行き注文」と「指値注文」があります
「成り行き注文」というのは、買う銘柄だけをあらかじめ決めておき、買値は相場の成り行きにまかせるという注文方法です
成り行き注文にすると、あまり取引がない銘柄はとんでもない買い値になってしまうことがありますが、有名な銘柄は適正価格で取引されます
成り行き注文での注文有効期間は、決める必要はありません
売り手がいれば取引が成立する可能性が高いからです
普通であれば、成り行き注文を出せばすぐに成立します
「指値注文」とは、買値を自由に設定できるという注文方法です
そのかわり、設定した買い値以下での売り注文がなければ、いつまでたってもその株は買えないということです
そのため、指値注文は成立するのに時間がかかることが多いです
時間がかかるかもしれないということは、その注文をいつまで出し続けるかを決めておかなければなりません
これが注文の有効期間を決めるということです
有効期間を設定しない場合で注文が成立しなかったときは、当日限りでの失効(注文の取り消し)となります
失効した場合には、改めて成り行き注文をするか、買い値を上げて指値注文するかを検討しなおす必要があります
このように、ふたつの注文方法があるので、その場に応じて使いわける必要がありますが、最初のうちは簡単な成り行き注文から始めると良いでしょう